2017年06月12日(月)
南アルプス接岨大吊橋からも「ホタル観賞」ができます。

「川根本町」HPより
http://www.town.kawanehon.shizuoka.jp/
「南アルプス接岨大吊橋」下のビオトープで初夏の風物詩、ホタル観賞はいかがですか?
このビオトープは、地元住民が「美しいホタルの光を見ていただきたい」という思いで、整備してきました。
この時期にしか楽しむことのできないホタルの美しい光で、心癒やされるひとときをお楽しみください。
 
※「南アルプス接岨大吊橋」下のビオトープへお越しの際は、「長島公園駐車場」をご利用ください。
※今年は6月中旬頃までホタルを見ることができそうです。
※町内では「富沢ホタルの里」「徳山ときどんの池」などでもホタルが観賞できます。
ホタル観賞の際の注意点
草むらへは入らないで!
周辺が暗いので、足場のわからない草むらに入らないようにしましょう。
ハイヒールやサンダルなどは避け、かかとのある靴で出掛けましょう。
また、ヘビなどの生き物がいる可能性もありますので、注意しましょう。
ホタルのいる場所に強い光を向けないで!
ホタルは強い光が苦手なので、ホタルのいる場所に懐中電灯や車のライト、カメラのフラッシュを向けないようにしましょう。
ただし、周囲が暗いので、懐中電灯の持参は必須です。
ホタルを持って帰らないで!
1年かけて成虫になるホタルは、7日間ほどしか生きることができません。
来年もたくさんのホタルに会えるよう、ホタルを持って帰るのはやめましょう。
ホタルが一番活動しているのは…
ホタルが飛ぶのはほんの数日。条件が良いのは午前中に雨があがり、蒸し暑くて湿度が高く、暗闇で風が無いこととされています。
また、ホタルが一番活発に飛ぶのは、午後8時ごろから9時ごろまでの1時間といわれています。

この記事に関する
お問い合わせ先
観光商工課 商工交流室

〒428-0411 静岡県榛原郡川根本町千頭1183-1
電話番号:0547-58-7077
ファクス番号:0547-59-3116sesso2[1]sesso2[1]