2017年06月12日(月)
南アルプス接岨大吊橋からも「ホタル観賞」ができます。

「川根本町」HPより
http://www.town.kawanehon.shizuoka.jp/
「南アルプス接岨大吊橋」下のビオトープで初夏の風物詩、ホタル観賞はいかがですか?
このビオトープは、地元住民が「美しいホタルの光を見ていただきたい」という思いで、整備してきました。
この時期にしか楽しむことのできないホタルの美しい光で、心癒やされるひとときをお楽しみください。
 
※「南アルプス接岨大吊橋」下のビオトープへお越しの際は、「長島公園駐車場」をご利用ください。
※今年は6月中旬頃までホタルを見ることができそうです。
※町内では「富沢ホタルの里」「徳山ときどんの池」などでもホタルが観賞できます。
ホタル観賞の際の注意点
草むらへは入らないで!
周辺が暗いので、足場のわからない草むらに入らないようにしましょう。
ハイヒールやサンダルなどは避け、かかとのある靴で出掛けましょう。
また、ヘビなどの生き物がいる可能性もありますので、注意しましょう。
ホタルのいる場所に強い光を向けないで!
ホタルは強い光が苦手なので、ホタルのいる場所に懐中電灯や車のライト、カメラのフラッシュを向けないようにしましょう。
ただし、周囲が暗いので、懐中電灯の持参は必須です。
ホタルを持って帰らないで!
1年かけて成虫になるホタルは、7日間ほどしか生きることができません。
来年もたくさんのホタルに会えるよう、ホタルを持って帰るのはやめましょう。
ホタルが一番活動しているのは…
ホタルが飛ぶのはほんの数日。条件が良いのは午前中に雨があがり、蒸し暑くて湿度が高く、暗闇で風が無いこととされています。
また、ホタルが一番活発に飛ぶのは、午後8時ごろから9時ごろまでの1時間といわれています。

この記事に関する
お問い合わせ先
観光商工課 商工交流室

〒428-0411 静岡県榛原郡川根本町千頭1183-1
電話番号:0547-58-7077
ファクス番号:0547-59-3116sesso2[1]sesso2[1]

2016年12月05日(月)
クリスマストーマス号 等の運行に伴う 国道362号 元藤川・崎平間の交通規制実施について

町では、大井川鉄道株式会社のSL列車「クリスマストーマス号」の運転日に合わせ、
国道362号 元藤川・崎平間において渋滞を緩和するため、交通規制(片側交互通行)を実施します。
この道路を利用されるみなさまには、大変ご不便とご迷惑をお掛けしますが、現地誘導員の指示に従って通行いただきますよう、ご理解とご協力をお願いいたします。

◆実施内容
道路幅が狭く、自動車のすれ違いが困難な区間を片側交互通行とし、渋滞を防ぎます。

◆実施区間
◎国道362号(小井平~崎平) 1区間、約2キロメートル

◆通行規制実施期間
12月17日(土)~19日(月)、23日(金)~25日(日)

◆実施時間
午前10時から午後4時まで(6時間)。
※ただし、終了時間後も交通渋滞がある場合は渋滞が解消されるまで実施します。

◆規制中の待ち時間
約5分から15分程度お待ちいただくことになります。

◆その他
◎二輪車についても、普通車と同様に交互通行対象車両となります。

2016年07月23日(土)
「川根本町癒しの里オフィス創出事業」について

南アルプスと清流に抱かれ、新しいライフスタイルを始めませんか

川根本町では、光ファイバと高速無線システムを活用して、町内全域に超高速ブロードバンドを構築しました。
今後、サテライトオフィス企業誘致とともにテレワークを推進するために様々な支援措置を検討しています。
詳細は以下関連資料「川根本町癒しの里オフィス創出事業(PDF)」をご確認ください。

平成28年夏 現地見学会開催予定!

※サテライトオフィスとは
企業または団体の本拠から離れた所に設置されたオフィスのこと。
本拠を中心としてみた時に衛星(サテライト)のように存在するオフィスとの意から命名された。 主に2つの意味がある。
※テレワークとは
情報通信技術(ICT = Information and Communication Technology)を活用した、
場所や時間にとらわれない柔軟な働き方のこと。

◆問い合わせ先
川根本町役場 企画課まちづくり室
電話:0547-56-2221
メール:kikaku@town.kawanehon.lg.jp