2017年12月26日(火)
「住民ディレクター養成講座」参加者募集

住民ディレクターの生みの親である岸本晃氏(福岡県東峰テレビプロデューサー)を講師に迎え、番組(動画)制作にあたってのプロセスの習得、地域の魅力など様々な情報を発信する地域リーダーの育成を目的として「住民ディレクター養成講座」を開催します。

「住民ディレクター」とは?
地域の情報を自ら発信するとともに地域づくり活動を行う人材のことをいいます。「テレビの番組づくりのプロセスが地域づくりに求められる力を育てる」という発見から、岸本晃氏が考案した取り組みで、住民が地域づくりに必要な企画力・取材力・広報力を身につけ、自ら取材と撮影を行い、インターネットなどのメディアをとおして情報を発信するというものです。
開催概要
1  期日
    平成30年1月12日(金曜日)〜14日(日曜日)
2  時間および講座の内容
    【1月12日】  午後7時から9時まで
     (1) 住民ディレクターとは
     (2) 住民ディレクターの体験
    【1月13日】  午前9時から午後4時まで
     (1) 企画書を作成する
     (2) 企画書に基づいて取材する(動画撮影)
    【1月14日】  午前9時から午後3時まで
     (1) 企画会議(番組構成を考える)
     (2) 撮影した動画を編集する
3   会場
     山村開発センター 大会議室
参加申込み
1  申込期限
    平成30年1月9日(火曜日)まで
    すべてのプログラムに参加できない場合でも申込みができます。
2  申込方法
    電話、ファクスまたはメールにより情報政策課までお申し込みください。